2.これは本です–基本语法

exam 2.これは本です–基本语法已关闭评论阅读模式

1、これ/それ/あれ は 名 です

(1)これは 本      です。(这是书。)
(2)それは かばん です。(那是包。)
(3)あれは テレビ です。(那是电视机。)

“これ”“それ”“あれ”是指示事物的词,相当于汉语的“这、这个”“那、那个”。汉语里有“这”“那”两种说法,而日语有“これ”“それ”“あれ”三种说法。其用法如下:

(1) 说话人和听话人相隔一段距离,面对面时

■ 距说话人较近的事物【说话人的范围、领域内的事物】
■ 距听话人较近的事物【听话人的范围、领域内的事物】
■ 距说话人和听话人都比较远的事物【不属于任何一方范围、领域内的事物】

(2) 说话人和听话人位于同一位置,面向同一方向时

■ 距说话人、听话人较近的事物
■ 距说话人、听话人较远的事物
■ 距说话人、听话人更远的事物

2、だれですか なんですか

不知道是什么人时用“だれ”,不知道是什么事物时用“なん”询问,分别相当于“谁”和“什么”。句尾后续助词“か”,一般读升调。

(1) それは なんですか。(那是什么?)

(2) あの人は だれ ですか。(那个人是谁?)

注意:
汉语里,句子中有“谁”“什么”时,句尾不用“吗”,但在日语里,句子中即便有“だれ”“何”,句尾仍然要用“か”。

参考:
“だれ”的比较礼貌的说法是“どなた”。“だれ”通常用于对方与自己地位相当或比自己地位低时。对尊长或比自己地位高的人用“どなた”询问。

(3) スミスさんは どなたですか。(史密斯先生是哪一位?)

3、の助词“の”连接名词和名词,表示所属

わたし の かぎ。(我的钥匙。)

田中さん の 車。(田中先生的车。)

4、この/その/あの 名は 名です

修饰名词时,要用“この”“その”“あの”。其表示的位置关系与“これ”“それ”“あれ”相同。

(1) この カメラは スミスさんのです。(这个照相机是史密斯先生的。)

(2) その 自転車は 森さんのです。  (那辆自行车是森先生的。)

(3) あの ノートは 誰のですか。   (那个笔记本是谁的?)

参考:
如上所示,一般要把“このカメラは スミスさんのカメラです”“その 自転車は 森さんの自転車です”中重复的名词删掉,成为“この カメラは スミスさんのです”“その 自転車は 森さんのです”。

5、どれ/どの 名

“どれ”“どの”是在三个以上的事物中,不能确定是哪一个时所用的疑问词。单独使用时,用“どれ”,修饰名词时用“どの”。

(1) 森さんの かばんは どれ ですか。(森先生的包是哪个?)

(2) 長島さんの 傘は どれ ですか。 (长岛先生的伞是哪一把?)

(3) 小野さんの 机は どの 机 ですか。 (小野女士的桌子是哪一张?)


文章末尾固定信息

weinxin
我的微信
我的微信
微信扫一扫
 
exam
  • 本文由 exam 发表于 2023年12月23日 12:16:13
  • 转载请务必保留本文链接:https://www.ryks.net/lessons/2-%e3%81%93%e3%82%8c%e3%81%af%e6%9c%ac%e3%81%a7%e3%81%99-%e5%9f%ba%e6%9c%ac%e8%af%ad%e6%b3%95